飽きない

飽きないダイエットの運動や食事の方法!飽きる理由は?

飽きないダイエットの運動や食事の方法!飽きる理由は?

ダイエットの運動や食事で飽きる原因と飽きない方法

ダイエットにおいて重要なことは、そのダイエットに飽きないことです。

ダイエットには、運動を主体としたものや食事制限や置き換えダイエットを主体としたものなどいろんな方法がありますが、失敗してしまった人は飽きるのでやめてしまったというパターンが多いでしょう。

そこで、今回は様々なダイエットをどうやって飽きないように工夫すべきなのかを考えて行きます。


Sponsored Link


ダイエットのための運動で飽きる原因は?


運動に飽きてしまう原因はいくつかあるでしょう。

それをわかりやすく一つ一つ解説していきます。

まず言えることは、そもそも運動が好きではないけどダイエットをしたいために義務感のように無理矢理実行していたというパターンです。

運動好きの方で日々身体を動かしている方ならば運動をしてもそこまで苦痛を感じませんが、嫌いな人がダイエットをするために無理矢理実行していた場合、飽きてしまう確率も上がります。

そして、ダイエットに効果があると言われている運動をひたすら行っていても効果が全く出なかった場合も急に熱が冷めてしまって運動をやめてしまうでしょう。

特に嫌いなのに効果があるという理由で無理矢理実行していたけど、望んだ結果が得られなければ喜んでやめてしまいます。

この場合は飽きたと言うよりは諦めたと言った方がいいでしょう。

他には、単純な繰り返し動作に飽きてしまったというパターンです。

運動にはランニングやジョギング、そしてサイクリングといった景色を楽しめるものがありますが、これは景色を楽しむことが出来るので自分が見たい風景や景色を望んで移動できるというプラスの部分があります。

しかし、外で実行するためには必ず外出しなければいけないので天候に左右されるというデメリットがあるのです。

それを嫌って室内で出来る踏み台昇降運動やステッパーなどの器具を使った有酸素運動を実行した結果、黙々と繰り返し作業をすることになり飽きてしまうというケースも確かにあります。

ただし、室内で行える運動はテレビを見ながら実行できるというメリットがあるので飽きにくくすることも簡単なのです。

運動が飽きてしまうパターンはいくつかありますが、運動そのものが飽きてしまったという人は飽きないための努力がある程度は必要と考えてください。

闇雲に実行してしまうとすぐにやる気が損なわれてしまい、ダイエットが失敗してしまいます。

ダイエットのための食事で飽きる原因は?


ダイエットには食事制限や置き換えダイエットが主流ですが、置き換え系ダイエットは高確率で飽きます。

実際に実行してきた側の人間からすると2ヶ月も似たような食べ物をひたすら食べ続けると今まで平気だったものが突然食べられなくなる日が来るのです。

筆者は夕食を豆腐のみにするというダイエットを実行しましたが、特に調理することなく常にそのまま醤油をかけて食べてきましたが初めて2ヶ月程度で突然食べられなくなって吐いてしまいました。

いつまでも同じものを無理矢理食べ続けるとメンタル的にかなりやられます。

自分は我慢して無理矢理食べ続けましたが、もはや義務感から食べていたので食べることそのものが嫌いになっていました。

食事そのものが嫌いになったらアウトと考えましょう。

しかし、置き換え系ダイエットは飽きないようにするためにいろんなレシピを工夫して味を変える必要があるのですが、料理が嫌いな人がいろんなレシピをつくるというのもなかなかに苦行でしかも作ったものがおいしくないという状況になると、やはり飽きてしまうようになります。

さじ加減が難しいのです。

要するに、ひたすら同じような食事をし続ける生活になると危険と言うことになります。

あとは、高カロリー高糖質の食事が的と言うことで自分が大好きな食べ物をダイエットの敵としてひたすら封印するというパターンも危険でしょう。

確かにその考え方は正しいと言えますが、ひたすら我慢し続けると辛くなって飽きてしまうまでの期間が短くなります。




運動におけるダイエットで飽きない方法は?


運動が飽きないようにするためには、飽きないように楽しみを追加することかわかりやすい成果を得ることです。

たとえば、ジョギングやサイクリングならば景色を楽しめれば十分効果的ですし、ダイエット仲間と一緒に実行するようにすればそれだけでもテンションが上がります。

室内で行うようなトレーニングでも長時間続ける必要がある有酸素運動ならばテレビを見ながら実行すればいいでしょう。

楽しみながらすることがコツとなります。

元々運動が嫌いという方はこのように楽しみを付随するしかないのです。

理想的なのはそこそこキツイトレーニングを無理矢理にでも実行してダイエット効果が出やすい状況を作ることです。

2週間程度続けて体重の変化や見た目の変化がはっきりとわかれば、嫌いな運動でも飽きること無く続けることが出来ます。

嫌いなことでも成果があれば続けられます。

色々なダイエットに有効な有酸素運動の種類


シンプルにランニング・ジョギング・サイクリングが一番でしょう。外の景色を楽しむことが出来るのでとにかく飽きることなく有効活用できます。

どこにいても実行できますので、引っ越しした後でも可能というのがポイントです。

あとは、天候に左右されない室内でできる有酸素運動もいいでしょう。

踏み台昇降運動・ステッパーなどの器具を使った有酸素運動・フラフープなどいくつか種類はありますので、それらを有効活用してください。

水泳も効果的ですが、どこかに通いながら実行する有酸素運動は費用対効果が出ないとやめてしまう確率が高いので個人的にはおすすめできません。

食事におけるダイエットで飽きない方法は?


飽きない食事を主体としたダイエットは、難易度は上がるけどいろんな調理法があったり自由度が高い食事系のダイエットを実行することです。

アレンジのしがいがないリンゴダイエットといったシンプルすぎるものは飽きてしまう確率が高くなります。

たとえば、低糖質ダイエットの場合は食べられないものもかなり多いのですが、代わりに低糖質のものならいくらでも調理できるのでそれらをうまく使えば飽きること無く続けられるでしょう。

ただし、低糖質食品が何であるのかを理解する知恵は必要となります。

スムージーを使ったダイエットならばいろんな味にアレンジしたスムージーを用意して味に飽きないような状況を作ってください。

このような単純な変化でも十分に効果的です。

色々なダイエット向けの食品


ダイエット向けの食品は色々とあります。

たとえば納豆やヨーグルトやキムチといった発酵食品、生の酵素を大量に摂取できる果物、身体に良いとされる油を摂取できるお魚、低カロリーに仕上がっているお粥、栄養たっぷりのスムージーやスーパーフードなどいろんなものが使えます。

極論を言ってしまうと、昔の人たちが食べていた和食はダイエット効果が高いので和食にこだわるのもいいでしょう。

一つにこだわるのではなく、糖質やカロリーの高いものは食べないけれどそれ以外ならばOKという寛容な気持ちで挑んでください。

飽きないダイエットの運動や食事の方法!飽きる理由は?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は飽きないダイエットについて記載して参りました。

飽きるかどうかというのはその人が飽きないような状況をしっかりと作れているのかどうかです。

飽きるかどうかはその人がどれだけ工夫をしたのか、努力をしたのかで大きく変わってくるのでそれらの工夫や努力が欠いている状態ではなんとも言えません。

ただし、工夫しやすいのか改良しやすいのかはそのダイエットの中身によって大きく変わってきますので、選ぶ前にどれだけの拡張性があるのかをチェックしておくと色々と楽になります。


Sponsored Link


URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top