アーモンドミルク

アーモンドミルクのダイエット方法と飲むタイミングや口コミと効果!

アーモンドミルクダイエット!効果的な飲み方は?

コレステロールゼロの健康飲料として有名なアーモンドミルクですが、健康効果以外にもダイエット効果が強いということで有名です。

その効果や方法についてはすでにある程度の答えが出ているようで、口コミにも満足している声が多数という記事も見かけます。

そこで、アーモンドミルクを使ったダイエットについて記載して参ります。

アーモンドミルクとは?栄養や効能は?


アーモンドミルクはコレステロールゼロの健康飲料ですが、牛乳ではありません。

ミルクという名前が入っているので牛乳が関係していると考えてしまいますが、本質はアーモンドから作られた植物性のミルクであり豆乳に近いものがあります。

つまり、第三のミルクというやつです。アーモンドをできる限り細かく砕いて水に浸して、ガーゼで絞ることでこのように牛乳に見える飲み物が完成します。

このアーモンドミルクは非常に栄養価が高いことで有名ですが、特にビタミンB群とビタミンEとオリーブオイルにも含まれている油質成分のオレイン酸が多く含まれております。

ビタミンB群が豊富なので脂質や糖質の代謝効率が上昇しますし、ビタミンEが豊富なので血液をさらさらにしてより健康になる効果も期待できるでしょう。

オレイン酸はインスリンの過剰分泌を防いで脂肪をためにくい身体にしてくれるのでより健康的な状態に近づけてくれます。

食物繊維も含まれているので腸内環境改善作用もあるようです。

アーモンドミルクの糖質やカロリーは?


アーモンドミルクは動物由来の成分がゼロなのでベジタリアンの方からも圧倒的に愛されている飲み物ですが、なんと言っても低カロリー低糖質という部分も特徴となっております。

アーモンドミルクはコップ1杯200mlで約40kcalしかありませんし、糖質も1g程度しかありません。

もちろん、無糖のアーモンドミルクになりますので味が苦手という方もいます。

ちなみに、無調整の豆乳でも200mlでカロリーが約90kcalで糖質は約4g、牛乳ならば約130kcalで糖質も約9gとなっています。

つまり、第三のミルクであるアーモンドミルクが一番カロリーと糖質が低いということがわかります。

アーモンドミルクのダイエット効果は?


肝心のダイエット効果ですが、基本的に低カロリー低糖質という部分がピックアップされるでしょう。

他の飲み物の代わりにアーモンドミルクを摂取すればそれだけカロリーカットに繋がります。

また、オレイン酸やビタミンB群やビタミンEの力で脂質や糖質の代謝が向上して脂肪がためにくい身体になるのもポイントです。

悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす作用もあり食物繊維も含まれているので腸内環境改善作用もあると考えられます。

血液をさらさらにして基礎代謝が向上する作用にも期待できるので、とにかく代謝が向上して痩せやすい身体になると言えるでしょう。

カリウムも含まれていますので、食物繊維効果や血液をさらさらにする効果と一緒にすると、とにかく老廃物を除去する作用が強いと言えます。

むくみ解消効果や便秘解消効果もあると考えられれば、それに苦しめられている方ならば短期間に見た目をほっそりと仕上げることも出来ると考えられます。

むくみと便秘がなくなれば見た目が一気に変わる人も多いのです。

アーモンドミルクのダイエット方法と飲むタイミング!


この健康のためにものすごく使い勝手のいいアーモンドミルクをどのように使うのがダイエットとしては最適と言えるのでしょうか。

これは色々と調べてみましたが、朝食前や間食をすることが日課になっている人ならば間食をするタイミングで200mlのアーモンドミルクを摂取するというやり方が定番のようです。

小腹が空いたときにアーモンドミルクを飲めばそれだけで空腹がある程度満たされる作用がありますので、だいたい15時程度にお腹が空いていっつも甘いものを食べているという方はこのアーモンドミルクに置き換えてください。

摂取タイミングについては言及していない人もいますが、食物繊維の効果や腹持ちの良さなどを考えるとベストのタイミングはやっぱり食事前や間食のタイミングがベストになります。

ただし、アーモンドミルクも飲みやすさを向上するために色々と味を調整しているものもありますので、ダイエット効果狙いの方は糖質やカロリーが高くないものを選ぶようにしてください。

飲みやすいものは高カロリー高糖質になってしまっているというパターンがこのアーモンドミルクでもありえます。

豆乳でも同じようなことが言えるので、飲めるかどうかをまずは判断してください。

アーモンドミルクダイエットの注意点


アーモンドミルクは無調整のものが一番効果が高いのですが、無調整のものは飲みにくいという声もよく聞きます。

そのため、コーヒーに入れるとかシリアルに入れて摂取するというやり方が推奨されているのですが、アーモンドミルクの成分を見ると高熱の中に入れるのはよろしくないでしょう。

50度を超えたラインで一部の栄養素が破壊される恐れがありますので、スープやコーヒーに入れるのは推奨できません。

また、アーモンドミルクは豆乳と違ってタンパク質を補給は出来ませんので頼りすぎるのは危険です。

置き換え系ダイエットとして用いる場合は高確率でタンパク質不足になり筋肉が細ってしまう恐れがありますので、必ずタンパク質補給は行ってください。

あとは、多少触れていることですが飲みやすさを向上するために味を色々と工夫した結果高カロリー高糖質になってしまっているものもありますので、ある程度は厳選する必要があります。

アーモンドミルクダイエットの口コミは?


検索エンジンを使ってアーモンドミルクの口コミを調べてみても望むような結果は得られないでしょう。

それよりもダイエットにも使えるような市販されているアーモンドミルクにダイエット効果があるという記載があるのかどうかを調べた方がいいです。

たとえば、楽天にある「[アーモンドミルク]ブルーダイヤモンド アーモンドブリーズ 200ml紙パック×24本」の口コミとかが参考になります。

こちらは評価数が140件もありますので、その中から探っていきましょう。

ここの評価を見てみると「ダイエット中なので砂糖不使用のものを購入したが飲みやすかった」といったものがありましたので、ダイエット向けであるということがわかります。

それ以外にも、痩せたといったニュアンスがいくつかあったので効果はあるのでしょう。

アーモンドミルクの作り方


アーモンドミルクは意外と簡単に作れます。

ローアーモンドと水さえあれば作れるのです。

まずはローアーモンドを1カップほど用意して、3カップぐらいの水で一晩浸し、その後は水切りをしてミキサーに水4カップほど追加しながら入れてください。

あとはしっかりとミキサーをかけてかき混ぜ、布で包んで搾るだけです。

ポイントは素焼きよりも生の方がダイエットが高いということ、12時間以上浸けないといけないということでしょう。

アーモンドミルクの飲み方などダイエットの方法と効果や口コミのまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はアーモンドミルクについて詳しく解説いたしました。

アーモンドミルクはダイエット効果が非常に強いのですが、栄養価的にも健康効果が強く日常的に取り入れてもいいでしょう。

ただし、味が苦手という方もかなり見かけますので飲めるかどうかでまずは判断してください。

そこで苦手と判断した方は別の方法を選ぶかシリアルにかけるといった工夫が必要になります。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top