太もも痩せダイエット

太もも痩せダイエットで美脚を手に入れる!【短期間で痩せられる方法】

太もも痩せダイエットで美脚を手に入れる!【短期間で痩せられる方法】

太もも痩せダイエットで綺麗な身体作り

太ももの太さは、女性なら誰もが気にするところだと思います。

太いより細いに越したことはないと思うのですが、太ももを細くするのはなかなか至難の業です。

ただやみくもに食事を減らして、運動をしても思うようには細くなりません。

そこで今回は、太もも痩せダイエットについて調べてみました。

太ももダイエットを始めるなら、まずは簡単なマッサージをしてむくみの解消を行ってみるのが良いようです。

老廃物余分な水分を排出するだけで太ももをダイエットすることができます。

太ももや足が太くなってしまう原因


細い足は女性なら誰もが憧れるものだと思いますが、一方で太ももや足は一度太くなってしまうと、なかなか痩せづらい部位の一つでもあります。

太ももや足が太くなる原因には、主に以下の3つが挙げられるようです。

①筋肉により太くなる


スポーツをやっている人は、太ももや足に筋肉がついていることから、足が太く見えることがあります。

また、過去にスポーツをやっていて今はやっていないという方でも、スポーツをやめて落ちた筋肉がそのまま脂肪に変わってしまっているケースもあるようです。

②脂肪により太くなる


足には元々大きな筋肉がついているため、筋肉が落ちてそこに脂肪が乗ると、他の部位よりも目立ちやすくなってしまいます。

また、太ももや足は脂肪の塊と言われるセルライトができやすい場所です。

セルライトは通常の脂肪とは異なり、一旦できてしまうと少しくらいの運動では燃焼せず、ずっとついたままになってしまいます。

③むくみにより太くなる


むくみは、血行不良によって老廃物やリンパ液が溜まってしまうことで起こります。

冷え症の方が多い女性はむくみやすいと言われていますが、女性は男性に比べて足の筋力がないため、血液やリンパ液を心臓に送り返す力が弱いこともむくみの原因と言われています。

太もも痩せダイエットの方法は?


それでは、普通のダイエットをしてもなかなか痩せてくれない太ももを、どのような方法でダイエットして行けば良いのでしょうか?

太もも痩せダイエットでは、太ももを細くすることを目指すので、まずは引き締める事に重点を置く方法を調べて見ました。

有酸素運動


痩せるための運動として有酸素運動が効果的だと思われます。

ウォーキング


特に、太もも痩せダイエットにはウォーキングが効果的と言われています。

その理由として、歩きながらのダイエットエクササイズが可能だからです。

なるべく積極的に歩く事で、太ももを含めた足全体を集中的に鍛える事ができるウォーキングは、継続しやすく全身の代謝をあげる効果も期待できるようです。

太ももをダイエットしたい場合には、ウォーキングにも工夫が必要です。

まず、太ももの内側を引き締める事が太ももを細くする効果がありますが、歩く際には足の片側に体重がかから無い様に注意します。

腰から足を前に出す様なイメージで、踵から着地する様に意識して歩いて行きましょう。

なるべく早歩きを意識する事で、太ももを引き締める事ができます。

以上の事に注意しながら足痩せのための正しいウォーキングの方法をまとめて見ましたので、合わせて試して見て下さい。

・お腹に力を入れて、背筋を伸ばします。

・かかとから着地し、つま先で地面を蹴り上げるようにして歩きます。

・体を上下左右に揺らさずに、腰と頭の位置をなるべく変えないように意識して歩きます。

・太ももの表ではなく、裏を意識するようにして歩きましょう。
小幅で歩くより、大幅で歩く方がより太ももの裏の筋肉を使うことができます。

・正しい姿勢で歩けるようになったら、歩く速さを速めるとより効果がアップします。

ジョギング


太もも痩せダイエットには、ジョギングなどの有酸素運動も有効のようです。

ただ、激しくない有酸素運動でもとても長い時間しているとこれもまた筋肉がつくようになります。

筋肉がつかないように脂肪燃焼が大事になりますので、あまり長くしないで脂肪燃焼程度の時間で運動をしましょう。

筋トレの引き締め効果


太ももを痩せさせるために運動を必要としますが、ただどんな運動でも太ももが痩せてくれるわけではありません。

スポーツジムにある太ももを鍛える「レッグエクステンション」「レッグプレス」などで鍛えるのも方法ですが、その際は負荷を軽くして回数を増やすようにすると良いようです。

もし、自宅で行うのならチューブを使った方法もおすすめです。

負荷も軽いので、しなやかな筋肉をつける事ができるので、女性にはおすすめの太ももトレーニングです。

激しい運動になるとそれだけ脂肪消費をしてくれるのですが、逆に筋肉が発達して大きくなってきてしまい、太ももが痩せるどころか太くなる可能性も出てきてしまいますのでご注意ください。

太ももを細くするスクワットのやりかた


太ももが太くなってしまった場合には、内転筋を鍛えるのが効果的と言われています。

内転筋とは、太ももの内側にある筋肉になりますが、この内転筋の筋肉を鍛えると太ももの浮腫みやセルライトを解消して、引き締め効果を上げる事ができるようです。

主に足を内側に動かす為に使う筋肉が内転筋になりますが、この内転筋は骨盤や股関節を支える為の筋肉とも繋がっています。

普段からスクワット等を行って内転筋を鍛えておくと、骨盤の歪みも自然に改善されて太ももに脂肪や老廃物が溜まりにくくなるのです。

しかしその一方で、スクワットは正しいフォームで行うことが大切です。

間違ったフォームでは効果が上がらないだけではなく、体を痛めてしまう原因になります。

スクワットを行う際には、以下のことに十分注意して行うことをお勧めします。

①足を開きすぎないようにしましょう。(肩幅より少し広い程度でよいでしょう)

②顎を引かず、頭は正面かやや上を向きます。

③視線は前方の正面を見ます。

④お尻を真下に下ろすのではなく、少しつき出す形で下げます。後ろにある椅子に腰掛けるイメージを持つのがよいでしょう。

⑤かかとは床から離さないようにして下さい。

⑥膝がつま先よりも前に出ないようにしましょう。

⑦膝とつま先はやや外側を向くようにしましょう。膝が内側に入ると痛める原因になります。

むくみ対策も重要


特に女性の場合は、太ももが太い原因として「むくみ」が大きな原因となっていることも多くあるようです。

太もも痩せダイエットをする際は、まずはむくみ対策をして、その後、有酸素運動や筋トレなどを始めていくと良いようです。

リンパマッサージでむくみを取る


むくみを解消して脚をホッソリとさせるには、リンパマッサージがとても効果的です。

リンパマッサージをすることで、むくみ解消だけでなく、脂肪もほぐすことが出来ますし、血液の流れも良くなるので、冷え性改善にも良いと言われています。

・足の裏からくるぶし、ふくらはぎと、少し強めに押し上げていきます。下から上へさすってリンパ液を流しましょう。

・膝の裏にはリンパ節があり、特に老廃物が溜まりやすいところです。念入りに刺激しましょう。

・痛みを感じるところは、リンパ液が詰まっているところです、最初は痛みを感じても、ほぐれてくると痛みがなくなりますので、しっかりとマッサージしましょう。

・膝から太もも、足の付け根も少し強めにマッサージをします。

・最後に、もう一度足首から太ももまでをこすりあげ、リンパ液を鼠径部に流します。

・ストレッチで疲れをほぐしたら終了です。

日常生活の中で太もものむくみを予防する方法


太もものむくみを予防するためには、冷やさないことと筋力をつけることが大切です。

夏の暑い時期、エアコンなどで体が冷えやすい環境にある方は膝掛を使うなどして、防寒対策をとると良いようです。

また、帰宅後はシャワーではなくしっかり湯船に浸かって体の芯から温めるようにして下さい。

さらに、寝る前や起床後にストレッチを習慣にすることで血流が促進され冷えにくい体になりますし、ウォーキングなどの運動を意識して行うことも必要です。

とは言え、仕事の都合などでなかなか運動に割く時間がとれないという方も多いでしょうから、そのような時は電車やバスの待ち時間にその場で足踏みをしたり、一駅前に降りて歩く距離を長くするなど、日常の中で工夫でできる運動を心掛けてみることが大切です。

お勧めはお風呂でマッサージ効果を上げる


実は足のマッサージは普通にしているのもいいのですが、お風呂でするのがかなりのオススメになります。

お風呂がなぜいいのか、それは体全体が温まっている状態だからです。

体を温めていると、体全てが柔らかい状態になってくれます。

もちろん血管も通常よりも柔らかい状態となるのですが、これがマッサージをより効果的にしてくれます。

血流を良くしてあげてたまっている老廃物をなくしてあげる効果があるのです。

この老廃物は血液から排出されるようになっていて、マッサージをして血流を良くすると老廃物が排出されます。

血管自体柔らかい状態になっていると、より血流をよく出来るようになりますので、より老廃物が排出されやすくなります。

ということでお風呂でマッサージするのがオススメとなります。

太もも痩せダイエットにストレッチは重要


股関節周辺のインナーマッスルの柔軟性を高めるとダイエット効果も高まると言われています。

筋肉は加齢とともに硬く柔軟性を失っていきます。

特に股関節周辺の筋肉から老化が始まるとされています。

股関節周辺の筋肉群が硬化すると、歩く時に足が上がらなくなったり、骨盤が歪んで内臓の働きが弱くなると言われています。

逆に、股関節周辺のインナーマッスルをストレッチして柔らかくすると、足がよく上がり消費カロリーが上昇するだけでなく、骨盤が正常な位置に近づき内臓代謝もよくなります。

股関節周辺のインナーマッスルのなかでも重要なのが腸腰筋群と内転筋群です。

腸腰筋群は「足を前後に動かす」働きを持ち、内転筋群は「足を左右に動かす」働きを持っています。

そして、この二つの筋肉群が連動すると「足を斜めに捻る」動きを生みます。

この「前後方向」「左右方向」「斜め捻り」の三方向それぞれに最適なストレッチを行うと良いと言われています。

太もも痩せダイエットで美脚を手に入れる!【短期間で痩せられる方法】のまとめ

女性は、妊娠や出産に備えて皮下脂肪がつきやすく、特に下半身は痩せにくいと言われています。

そのため、食事制限やカロリーを消費するための運動では、足や太ももはなかなか細くならないのです。

足や太ももを効率よく引き締めるためには、老廃物を溜めこまず、適度な筋肉をつけることがとても大切です。

つまり、マッサージとトレーニングは欠かせないのです。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top