スムージーダイエット

スムージーダイエットの驚きの効果!【飲み方や作り方は?】

スムージーダイエットの驚きの効果!【飲み方や作り方は?】

スムージーダイエットで痩せる為の正しいやり方

体に良く、ダイエットに効くと言われる飲み物は、数多く紹介されています。

スムージーダイエットは海外ならレディー・ガガさんヴィクトリア・ベッカムさん、日本なら芸能人の優香さんなどが行ったことのあるダイエットとしても有名です。

そのため日本の一般の方々にも浸透してこのダイエットを実行する方もたくさん増えています。

スムージーダイエットは、「一週間で-5kg」のような劇的な変化はないものの、コツコツと続けることで年齢を感じさせないスマートな体型を手に入れられることから、長い間支持をされ続けています。

ただし失敗している方々もいるので、正しいやり方をしっかりと理解してから実行するようにしましょう。

そこで、スムージーダイエットの方法効果、正しいやり方などについてご紹介したいと思います。

スムージーダイエットとは?


美容ドリンクの定番となった「スムージー」を使って、1日のうちの1~2食をスムージーに置き換える置き換えダイエットです。

スムージーとは簡単に言うと「凍らせた野菜や果物をミキサーしたもの」で、野菜や果物の栄養素が大量に含まれています。

スムージーと野菜ジュースなどとの違いは、スムージーの場合はミキサーでつくって野菜ジュースはジューサーでつくるという点、そしてもう一つは皮や種ごとミキサーしてしまうのがスムージーで皮や種は取り除くのが野菜ジュースです。

また、一説には野菜ジュースは加熱処理が施されているから加熱処理はしないスムージーのほうが栄養素的にはプラスに働くとも言われ、野菜や果物に含まれている食物繊維や栄養素を余すことなく摂取できるのも良いところと言えるようです。

スムージーダイエットのやり方は?


スムージーダイエットは、1食をスムージーに置き換えて摂取カロリーを普段より少し抑えることにより、減量を目指します。

そして、スムージーダイエットでは、「空腹時に飲む」「飲んだ後の40分~1時間は何も食べない方が良い」と言われています。

これは、胃腸に何も入っていない時や、他の食べ物がない時の方が胃腸の負担を減らすことができるため、スムージーの栄養をより効果的に吸収することができるからです。

このことから、スムージーを朝食の代わり(いわゆる置き換え)として飲む方が多いようです。

タレントの優香さんも、朝食をグリーンスムージーに置き換えることでダイエットに成功した一人です。

何かと忙しい朝ですがスムージーなら手軽に作ることができ、パンやご飯に比べて胃腸への負担も少ないため栄養の吸収もよくなります。

しかし、日中活動的に動く方の場合は、朝食や昼食のカロリーを抑えてしまうと健康を害してしまうこともありますので、そのような時は夕食に置き換えてもよいと言われています。

さらに、置き換えが難しい場合はそれぞれの食事の前にスムージーを飲んでから、通常の食事を行っても良いようです。

ただしこの時は、スムージーを摂取してから40分~1時間以上間隔を開けて食事を摂るようにし、食事量も7~8分目程度に減らすようにして下さい。

グリーンスムージーの効果


スムージーは、野菜や果物の数だけその種類もあると言えますが、中でもグリーンスムージーには数多くの効果があると言われています。

「グリーンスムージー」とは「生の葉野菜と生のくだものをミキサーで混ぜ合わせて作る飲み物」と定義されています。

グリーンスムージーには、葉野菜とくだもの以外の食材は入れません。

消化吸収をよくするために、牛乳やヨーグルトなどは加えないのがグリーンスムージーの特徴です。

このグリーンスムージーに使える食材は結構あって、野菜なら小松菜・ほうれん草・レタス・ケール・モロヘイヤ・大葉・チンゲン菜・セロリ・クレソンなどが該当します。

果物の場合はリンゴ・バナナ・オレンジ・みかん・イチゴ・ブルーベリーなどが該当します。

効果としては入っている野菜によって変わってきますが、緑の葉野菜と考えた場合はビタミンA・B群・C・D・Eは間違いなく入っていますし食物繊維やミネラルの効果も期待できますので、以下の効果が考えられます。

美肌効果

美肌に欠かせないビタミンと言えばビタミンCです。

そして、野菜や果物には多くのビタミンCが含まれています。


ビタミンCは熱に弱い性質があることから長時間の加熱調理では、多くの成分を失ってしまうことになりますが、スムージーは熱を加えることがないため、効率よくビタミンCを摂取することができます。

便秘解消

グリーンスムージーには食物繊維が豊富に含まれているため、腸の運動を促し便秘を解消する働きがあります。


また、酵素には消化機能を助ける働きもあるため、腸に溜まった老廃物を排出してくれるため便通がよくなります。

活性酸素除去・免疫力向上

活性酸素は、体内で酸素を利用し代謝が行われる過程で自然に発生する、酸素を吸えば必ずできるものです。


体内に侵入した細菌などを取り除く働きがあり、白血球やマクロファージなどの「免疫機能」の一部として細菌などを攻撃する。

またエネルギーを作る仕組みの中であまった水素と結合して水になり対外へ排出する働きなどもしています。

その反面、さまざまな老化現象を起す悪者として有名です。

身体を守る働きもあり身体に必要なものでもあるけれど、増えすぎると害になってしまう、というものです。

活性酸素は毒性が強く、過剰に発生すれば体内の細胞を酸化させることで老化やさまざまな病気を引き起こす原因になるとも言われています。

しかし、グリーンスムージーの原料となる生の野菜や果物には、酵素が豊富に含まれています。

酵素には体内で活性酸素を無害なものへ換える働きがあるため、活性酸素が過剰に発生するのを防ぎ、体を活性化させ免疫力を高め、痩せやすい体質へと導いてくれます。

血栓防止による血液サラサラ作用

血管内で血液の流れが悪くなる一番の原因は、血栓(血の塊)ができてしまうことです。


そこで、グリーンスムージーに使われる葉物野菜にはこの血栓ができるのを防ぐクロロフィルと呼ばれる成分が多く含まれています。

このため、血液の流れがスムーズになり酸素が体の隅々まで行き渡るので、冷え症の改善や肌荒れなどを予防する効果も期待できます。

むくみ防止

野菜や果物に含まれるカリウムには利尿作用があるため、むくみを解消する効果があります。


また、むくみはセルライトの原因とも言われているため、グリーンスムージーを飲むことでセルライトの予防効果も期待することができます。

スムージーを作る上で注意したいこと


①作り置きをしないように注意をしましょう。

スムージーは生のままの野菜やくだもので作るため酸化しやすいのが難点です。

時間が経つにつれ味が落ちるだけではなく、栄養価も落ちてしまいます。

そのため、飲む直前に作るのが基本です。

②でんぷん質の多い野菜は使わないようにしましょう!

じゃがいもやさつまいも、かぼちゃ、にんじん、とうもろこし、キャベツなど、でんぷん質を多く含むものは避けましょう。

特ににんじんは「体によいから」という理由で入れてしまいがちですが、でんぷん質の多い野菜と果物は相性があまりよくないため、腸内でガスが発生しやすくなるなどのデメリットがあるため注意して下さい。

③牛乳や豆乳などで割らずに、水で作るのがよいでしょう。

これらは飲みやすさを求めて入れてしまう方も多いようですが、どうしても苦味や青臭さが気になる場合は、果物6:野菜4の比率でスムージーを作ると飲みやすくなります。

④一度にたくさんの野菜や果物を入れずに、数種類程度のシンプルな具材にしましょう。

また、毎日同じ具材を使うよりも、色々な野菜や果物を使う方が栄養に偏りが生じず、健康的にダイエットを行うことができます。

⑤野菜や果物は皮ごとミキサーに入れましょう。

皮の部分には栄養が豊富に含まれていますので、捨ててしまわないようにしましょう。

⑥1食分のスムージーのカロリーは300kcal以内に抑えるようにしましょう。

スムージーは食物繊維やミネラル、タンパク質を一度に補えるので健康によいのは確かですが、あれもこれもと加えていくと、それだけカロリーが増加します。

せっかく食事を置き換えても、カロリー摂取量は変わらなくなってしまうため、ダイエット効果はあまり期待できなくなってしまいます。

スムージーダイエットに効く効果的なタイミング


スムージーダイエットでは、朝食や夕食をスムージー置き換える場合が多いようです。

作り置きができない点から考えても、自宅で摂る朝食や夕食をスムージーに置き換えるのが適切と言えます。

1食をスムージーに置き換えるダイエット方法の場合、朝食を置き換える場合には起床後30分以内、夕食の場合には20~21時に飲むのが良いようです。

夜の場合には、就寝前3時間は食事をしない方がよいので、寝る3時間前には飲み終えているのが理想的のようです。

また、スムージーを食事と置き換える時間帯により、期待できる効果が異なるとも言われています。

朝食をスムージーに置き換えると


便秘解消

むくみの改善

美肌効果

が期待できます。

スムージーは、消化・吸収を行いやすいため、内臓への負担が軽く、便秘・むくみの原因になる老廃物の排泄をスムーズにします。

また、朝食を軽めにする方が多いため、朝食を置き換えるのであればそれほど精神的な負担にならない場合が多いことも、朝食を置き換える理由の一つです。

夕食をスムージーに置き換えると


夕食は、1日のうちで最も高カロリーになることが多く、夕食をスムージーに置き換えることで1日の摂取カロリーを半分ほどに減らすことができます。

そのため、ダイエット効果を高めるには夕食を置き換える方が効率がよいとも言えます

また、夕食後は通常寝るだけのことが多いため、不必要なカロリーを摂取するとエネルギーが余ってしまいます。

余剰分のエネルギーは脂肪として蓄えられますので、夕食の摂取カロリーは控えめにするのが理想的です。

スムージーの基本的な作り方


野菜:果物の比率は6:4~4:6が目安です。4:6の場合はくだものが多めのため、飲みやすくなります。

水分量はコップ1杯のスムージーにつき50ml、グレープフルーツなど水分量の多いくだものを加える時はその半分ほどが加える目安です。

適当な大きさにカットして水分を加え、撹拌するだけと手軽なので、普段料理をしない男性でも気軽に作ることができます。

飲む直前に作ることがポイントです。

スムージーは、加えるくだものが多いほど味がよく飲みやすくなりますが、果糖を多量に摂取しないためにも野菜:果物の比率は6:4~4:6ぐらいの割合で調整をするのがおすすめです。

また、より飲みやすくするには、水ではなく牛乳や豆乳で割るのがおすすめです

これらを加えることで味がまろやかになり、野菜の味がダイレクトに伝わりにくくなることや、タンパク質を効果的に補うことができるためおすすめです。

ただし、グリーンスムージーの場合には、牛乳や豆乳ではなく水を用いることが原則です。

ダイエット効果をより高めるスムージーの作り方


基本的なスムージーの作り方は、理解して頂けたかと思いますが、ただこのスムージーを飲むだけでは痩せられるものも痩せられません。

スムージーが支持される1番の理由はやはり、健康的に無理なく続けられることかも知れません。

野菜をたくさん食べられるし、満腹感を得やすいのでストレスなく続けられます。

とは言え、やはりダイエット向きのスムージーは確かにあるようです。

美味しさの追求ももちろん大切ですが、ダイエットの効率も考えたスムージーを作っていくのも重要なポイントです。

より飲みやすくするには、水ではなく牛乳や豆乳で割る方が飲みやすいのですが、ダイエット向きのスムージーは基本的に水で割った方が良いと言われています。

牛乳や豆乳は使わない方がよりダイエット効果を高めるためには良いようです。

また、毎日いろいろな種類の野菜を用意してミキサーで毎日スムージーを作るのは思った以上に大変です。

この手間がネックで挫折する方も少なく無いようです。

その負担を軽減するためにも、粉末のスムージーを使ってダイエットするのも一つの方法です

粉末のスムージーなら、あらゆる工夫がされているのでメリットも多いようです。

まず栄養素が豊富で、満腹感も感じやすくなっています。

その割に、毎日のコストはそこまでかからないようです。

スムージーに興味があるけれど手間が面倒だというならぜひ、市販の粉末スムージーを試してみるのも良いかも知れません。

スムージーダイエットの驚きの効果!【飲み方や作り方は?】のまとめ

いかがでしょう?

スムージーダイエットは、健康的でハマってしまうと楽しいダイエット方法のようです。

でも、意外と手間もかかるし続けてみると大変なことも多いようです。

もしやってみようと思うなら、どうやったらうまく続けられるか、挫折しないで済むか?

段取りや作戦をしっかり立ててから行なった方が良さそうです。

すぐには効果を感じづらいダイエット法なので、他のダイエットと併用して行っていくのも良いかも知れません。

何事も継続が大事です。

ぜひ毎日続けてみてください。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top