ストレッチポール

ストレッチポールダイエットは下半身やお腹に効果的?

ストレッチポールダイエットは下半身やお腹に効果的?

ストレッチポールダイエットの効果や使い方!口コミは?

ストレッチポールはいわゆるバランスボールといったトレーニングアイテムの一つですが、使い方によっては効率よく運動が行えるので下半身やお腹周りをスマートにさせるダイエット効果をもたらすことが出来ます。

口コミではどのような商品評価がつけられているのかがきになるところです。

一般的に売られているものなので、その商品評価にしっかりとダイエットに成功したという言葉が記載してあるのかどうかで印象が変わります。

そこで、今回はストレッチポールを使ったダイエットについて記載いたします。

ストレッチポールとは?


ストレッチポールとは株式会社LPNが開発した健康器具の名称であり、円柱形のポールの形をしたお手頃価格で購入できるアイテムです。

よく勘違いされている方がいるのですが、「ストレッチポール」であり「ボール」ではありません。

ボールだと玉になってしまいますが、こちらはポールなので柱です。

バランスボールやフラフープといった器具も筋トレやダイエットに使うことが出来るように、このストレッチポールもしっかりと使いこなすことが出来れば、筋トレ効果やダイエット効果が得られるようになっております。

似たような商品も売られていますが、株式会社LPNが開発した健康器具の名称である「ストレッチポール」は登録商標になっているので別の名前が使われているので注意してください。

このストレッチポールのあり方はバランスボールのそれと非常に近いです。

いわゆる「身体をあえて不安定な状況にすることでバランスを整えるトレーニングになる」という仕組みを使っております。

ストレッチポールのダイエット効果


このポールを使うとどのようなダイエット効果が得られるのかを考えて行きましょう。

このストレッチポールはあくまでも一部の会社の登録商標なので、別の名前で呼ばれることも多いのです。

その呼び名は様々で「フィットネスポール」「バランスポール」「ヨガポール」「ピラティスポール」などいかにも使い方が特定できる呼び名がついております。

最大の効果はこのストレッチポールを使うとバランスボールのようにバランスをとるためのトレーニングが出来るのでインナーマッスルがかなり鍛えられると言うことです。

インナーマッスルは現代人にとって鍛えにくい身体の深部にある筋肉なのでここを鍛えることが出来れば姿勢が美しくなって血液の流れがまっとうになり基礎代謝が上がる効果が期待できるでしょう。

筋肉量が増えることでも基礎代謝が上がりますので痩せやすい体に一歩近づけます

骨盤矯正効果もありますので、骨盤の歪みからくる下半身太りも解消しやすくなります。

骨盤が歪むとそれだけ基礎代謝が低下して太りやすくなりますし、内臓の歪みまで引き起こしてぽっこりお腹を引き起こす恐れがあるのです。

これが解消できるのは大きいでしょう。

ストレッチポールの基本的な使い方

ストレッチポールの使い方は動画のように寝転がって身体を揺するだけでも効果があるのです。

ストレッチポールの端に座って仰向けになり膝を立てて仰向けになってください。

これが基本姿勢となります。

ここから様々な行動をとりましょう。

動画のようにタオルなどを使って頭を安定させるのも有効です。

その状態になったら後はリラックスして身体を揺すってください。

それ以外の準備運動はその状態から胸の位置に手を移動させて方が床に近づくように意識しながら脱力するというものです。

この脱力動作を3回程度繰り返してください。下半身のストレッチは基本姿勢から足裏同士をくっつけて膝を15秒ほどかけて呼吸をしながら開いていくというものになります。

これらのストレッチをこなしつつ、床を手でふくような動作で円を描くように身体を動かす「床磨き運動」や肘を床につけないようにして手をぱたぱたと動かす「鳥の羽ばたき運動」といったベーシックセブンをこなしていきます。

両手をあげて肩甲骨の上下運動をするだけでも効果はあるでしょう。

下半身に効くストレッチポールの使い方

(下半身痩せ10分筋膜リリース!フォームローラーでらくらくコロ痩せ!

下半身を意識するためには、ストレッチポールを使っての筋膜リリースやエクササイズが有効となってきます。

たとえば、動画のようにプランクのような体勢になって太ももと床の間にストレッチポールを挟めて動かすという動作も効果的です。

似たような動作はこちらの動画(https://www.youtube.com/watch?v=DDGyNcdgqrc)でも紹介しているので、二つとも確認して動作を覚えるのが一番でしょう。

下半身痩せはある程度の筋トレを行わないと効果が出ないので、ストレッチだけではなく鍛えるための動きを取り入れるようにしてください。

お腹に効くストレッチポールの使い方

(お腹引締め、インナーマッスルトレーニング(ストレッチポール)

腹筋に効果をもたらしたいのならば、首のあたりを抑えるように手を組んで腹筋の体勢を意識するのがいいでしょう。

そこからへそを見るように首を上げていくのです。

ただし、目線は斜め上をキープしてください。身体を起こすときは息を吐いて戻すときに息を吸ってください。

頭だけを起こすのはNGです。

身体を起こすことを意識しましょう。

みぞおちとおへその距離を近づけるイメージです。

首だけで上げてしまうと頸椎を痛めてしまうので、必ず上体を反らす意識を持って行動してください。

これは言葉ではわかりにくいのでやはり動画にて動作を確認しましょう。

他にはこちらの動画(お腹引締め、インナーマッスルトレーニング(ストレッチポール))のような筋膜リリースがいいでしょう。

ただし、ツボ押しなどの効果も求めているという方はストレッチポールではなくブツブツ形状のホームローラーを使いましょう。

ストレッチポールダイエットの口コミ


ストレッチポールダイエットの口コミは検索エンジンで探してもなかなか見つかりませんので商品の口コミからダイエットに成功したのかどうかを破断するのが一番わかりやすいです。

楽天で売られているストレッチポールの口コミはなんと6000件を超えているので、ある意味信用できるでしょう。

これほど売れているのが驚異的ということが数字だけでもわかります。

参考となる口コミはこちら(https://review.rakuten.co.jp/item/1/260687_10000824/1.1/)になるのですが、ダイエット効果よりも筋膜リリースやエクササイズ目的での購入が多いようです。

肩こり解消や歪みの解消効果に一喜一憂している人が圧倒的に多く、痩せたという口コミは少なくなっております。

ストレッチポールの選び方や価格は?


ストレッチポールは登録商標なので同じ目的の別の名前の商品は大量にあります。

一度説明しましたが、「フィットネスポール」「バランスポール」「ヨガポール」「ピラティスポール」など呼び名は様々です。

選び方としては反発力と硬さから選ぶのですが、どれが最適なのかは比較しないとわからないことが多いので、最初はお手頃価格のものを選んだ方がいいでしょう。

質が非常によい「ストレッチポール(R)EX」を紹介する人もいますが1万円近くするので気軽に手は出せません。

「IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) ピラティス ポール IMC-54」のようなお手頃価格で手が出せるものから購入した方がいいです。

こちらは安いものだと2000円になりますので、これを使ってトレーニングすることからスタートしてください。

ただし、90cm以下の長さになると短いと感じる人も多いので目安としては90cm以上のものを選びましょう。太さも直径15cm程度がちょうどいいです。

ストレッチポールダイエットは下半身やお腹に効果的?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はストレッチポールを使ったダイエットについて記載しました。

このポールはいわゆるバランスボールと一緒であり、しっかりと使うことが出来れば効果が出るけれど流行や適当な雰囲気で購入して使わなくなってしまった人にとってはただの置物に早変わりしてしまいます。

正しく使えば確かに効果があるものですが、なんとなく購入して使い方も調べることなくなんとなく使ってみて、よくわからないと判断して封印してしまってはもったいないので、購入予定がある方は目的を明確化した後に購入してください。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top