水中ウォーキングダイエット

水中ウォーキングダイエットで必ず痩せる歩き方とポイント!

水中ウォーキングダイエットで必ず痩せる歩き方とポイント!

水中ウォーキングダイエットは姿勢と持続性が大事!

「泳げないから水中で行う運動は?」と思っている方も多いのでないでしょうか?

水中ウォーキングならば、泳ぎに自信のない人でも気軽にチャレンジできます。

水中では浮力があり、陸上より体が軽く足腰にかかる負担が軽減されるので、高齢者や肥満傾向にある人には膝や関節への負担も少なく水中ウォーキングをやられている方は多いようです。

また、水の中にある体には水圧によって筋肉に負荷がかかり、水中の運動は、陸上の運動に比べて、脂肪燃焼筋力アップエネルギー消費などの効果が高く、ダイエットにも最適です。

しかし、水中ウォーキング中の姿勢はとても重要で、悪い姿勢で歩いても運動効果が得られなかったり、逆に腰を痛めてしまったりと言うこともあるようです。

そこで、水中ウォーキングの正しいやり方効果的な方法について調べてみました。

水中ウォーキングダイエットとは?


水中ウォーキングは水の中を歩くことですが、陸上を歩くよりも多くの効果を得ることができます。

水の中では水の抵抗があるため、陸上を歩くよりも負荷がかかり、多くのカロリーを消費することができます。

また、水の温度は体温よりも低いため、体温が低下しないように体の中では熱を発生させるため、運動しなくても水中で多くのカロリーを消費しているようです。

水中ウォーキングの効果


水中ウォーキングは全身運動であると同時に有酸素運動でもあるため、脂肪燃焼効果が期待でき、体全体の引き締め効果も期待できます。

また、水の浮力によって体にかかる負担が少ないことから、リハビリにも多く活用されているようです。

水中ウォーキングダイエットの基本的な方法は?


水中ウォーキングは歩き方によって得られる効果が異なるようです。

普段と同じように歩くだけでなく、ダイエットに効果的な歩き方を取り入れて、全身を鍛えましょう。

基本的な水中ウォーキングは、陸上で歩くのと同様、前を向いて普通に歩く方法です。

しかし、足の運び方には注意しましょう。

足はかかとから着地して、足裏全体をしっかりとプールの底につけるように心がけます。

また、姿勢は背筋を伸ばし、前かがみになったりしないように意識しましょう。

無理せず、呼吸が乱れない程度の速さで歩くことが大切です。

鼻歌が歌えるくらい余裕をもって行いましょう。

水中を歩いている時のフォームも間違った方法で行うと効果も少なくなってしまいますし、水中ウォーキングは有酸素運動なので運動を20分位行ってから脂肪が燃焼されやすくなります。

慣れてきたら1時間程は水中ウォーキングを行うと効果が出やすくなります。

水中ウォーキングダイエットの効果を上げる歩き方は?


ダイエットに効果的な歩き方は、何よりも背筋を伸ばす事が重要のようです。

日常生活でも、姿勢を良くすることで色々な筋肉が使われ、今まで使われていなかった筋肉も使われるので、結果的に体が痩せやすい状態になります。

そして、前述の基本的な歩き方に、少し違う動きを取り入れるだけで効果が高まります。

鍛えたい筋肉を意識することが大切なので、無理にいくつもプラスせずに一つずつ取り入れて、確実に筋肉を鍛えましょう。

歩幅を大きくして歩く

肩まで水に浸かるくらい大きな歩幅で水中を歩きましょう。

腕も大きく振りましょう。

腰回りの筋肉を使うことによって大腰筋が鍛えられ、股関節を伸ばすことができ、骨盤ゆがみの改善につながります。

スネで水を蹴り上げながら歩く

モモを上げて、スネで水を蹴って、足を下ろす(着地)を繰り返します。

お尻や足の筋肉を鍛え、ヒップアップが期待できます。

しっかりモモを上げて、水を蹴るところがポイントです。

ヒザにヒジをタッチしながら歩く

モモを高く上げて歩きます。

慣れてきたら、そのヒザに反対のヒジでタッチします。(右ヒザに左のヒジでタッチ)
ウエストをひねるように意識しましょう。

ウエストラインの引き締めに効果的です。

後ろ向きに歩く

前向きの歩行に慣れたら、今度は後ろ向きに歩いてみましょう。

後ろ向きの歩行で気をつけることは、足の運び方が前向きの歩行とは逆になるということです。

後ろ向きに歩く場合には、つま先から着地します。

この場合もしっかりプールの底に足裏を付けるように注意しましょう。

背中で水を押すように意識して歩くことにより、腰に負担がかからず、普段鍛えにくい背面の筋肉を鍛えることができます。

水中ウォーキングのメリット


水中ウォーキングは、水の影響を受け、多くのメリットが期待できます。

第一に、浮力がかかるため、胸まで浸かった場合には体重は陸上の30%程度になり、関節への負担が少なく、効果的に運動ができます。

運動不足の人は、陸上では長い時間運動することは体に負担がかかりやすいのですが、水中では無理なく運動を続けることができます。

そして第二に、水圧がかかることで自然に腹式呼吸になるので、心肺機能が鍛えられ、カロリー消費量も高められます。

また、水圧のマッサージ効果で血液循環が促進され、脂肪が燃えやすくなります。

第三に、プールの水温は体温よりも低いので、体は体温が奪われて下がらないようにエネルギーを燃やして体を温めます。

そのため、水中では、動かなくてもエネルギーを消費するのです。

これらの事から、水中ウォーキングは有酸素運動でありながら、更に水の特性によって脂肪が燃えやすい状態になっているので、脂肪を効果的に燃焼できるとも言えます。

また、水の抵抗は運動の負荷を大きくするので、ゆっくりとした楽に感じる運動でも、多くのカロリーを消費し、脂肪を燃焼させてくれるのです。

水中ウォーキングは筋力アップにも効果的


水中ウォーキングは、筋力アップにも効果的な方法とも言われています。

水中を歩いていると水の抵抗が掛かり、負担が少ないのに、しっかり鍛えられるようです。

水中ウォーキングは、膝や腰などに痛みを抱えている方でも体の負担が少なく筋肉の負荷は大きい為に、効果的に筋力アップできる方法として一般的によく知られているのです。

だからと言って、無理は禁物です。

体の様子など見ながらマイペースに行う事で水中ウォーキングを持続し筋力アップする事で、日常の動作などが楽に行いやすくなります。

水中ウォーキングで痩せない人がやっているNGは?

①痩せないそもそもの理由

ダイエットにも向いている水中ウォーキングは、すぐに結果が得られるものではなく、継続して続けることで、はじめて結果が得られます。

水中ウォーキングで痩せる人と痩せない人の大きな違いは、歩く姿勢と歩く時間の長さ、そして何よりも持続力がポイントのようです。

実は、水中ウォーキングは簡単な運動に見えて、なかなか30分以上歩くのは想像していた以上にハードな運動で、継続できず途中で断念してしまう人も多いようです。

また、水中ウォーキングは、最低3ヶ月間以上は継続して行わないと効果が現れないため、早々に諦めてしまう人には残念な結果となってしまいます。

まずは、正しい姿勢で、30分以上歩くことを目標に、ぜひ3ヶ月間続けてみましょう。

②効果の出ない環境

水中ウォーキングを行う場所といえば、大半の方がプールだと思われます。

ただ、プールはプールでも、どのようなプールで水中ウォーキングを行うかで、ダイエット効果に差が出ることをご存知の方は少ないかもしれません!

実は水中ウォーキングで体の余計な脂肪を燃やすためには、最適な水温というのがあるようです。

人間の体は、常に体温を一定に保とうとする機能があり、そのために使われるのが体内の脂肪燃焼で得られた熱なのです。

水中ウォーキングで効果的に痩せられる理由は、ウォーキング運動による脂肪燃焼、そしてプールの水で冷えた体を温め体温が低下しないように体の中では熱を発生させるため行われる脂肪燃焼、この2つの脂肪燃焼効果があるからだと言われています。

そのため水中ウォーキングを行うプールの水温は、少し冷たさを感じるくらいの27℃以下が最適になります。

清掃工場の余熱を利用したプール、温泉に併設されたプールの中には、水温が28℃~30℃くらいのところもありますが、泳ぐにしても、水中ウォーキングを行うにしても、ぬるめの温度のプールでは長時間運動すると疲れてバテてしまいます。

水中ウォーキングで痩せたいのであれば、プールの水温も気にすると良いようです。

水中ウォーキングダイエットで必ず痩せる歩き方とポイント!のまとめ

いかがでしょう?

水中ウォーキングは、デメリットの少ない運動ではありますが、すぐに結果が得られるものではないため、早々に諦めてしまう人も多いようです。

また、間違ったフォームや環境で運動すると、カロリー消費や脂肪燃焼、筋力アップなどの効果も半減してしまいます。

初めから無理をせず、まずは上手にバランスを取れるように練習しましょう。

そして、正しい姿勢で、30分以上歩くことを目標に、ぜひ3ヶ月間続けてみましょう。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top