和食ダイエット

和食ダイエットで無理なく痩せる!【海外でも人気の秘密】

和食ダイエットで無理なく痩せる!【海外でも人気の秘密】

和食ダイエット!ダイエット時の食事は和食がおすすめ

日本人にとって当たり前に取り入れている「和食」という文化。

実は今、この和食が世界中から大変注目を浴びています。

ユネスコの無形文化遺産に登録されたことにより、今後は和食がブームとなりそうですが、実は以前から和食は「ダイエット食」として世界中のセレブが取り入れている食事なのです。

和食にはダイエット効果があると言われていて、海外でも人気になっているのです。

脂質が少なく、食物繊維が豊富な食事である和食にするだけでダイエットだけではなく健康にもおすすめです。

そんな、和食ダイエットについて調べてみました。

和食ダイエットの基本は?


和食は「一汁三菜」と言って、ご飯に汁物、それにおかず3品(主菜1品、副菜2品)が基本と言われています。

例えば、ごはん、味噌汁、焼き魚、煮物、おひたし、といったものです。

日本の伝統的な食事スタイルでもあり、「一汁三菜」にすることで自然と栄養バランスに優れた食事になることが特徴です。

このような古来より伝わる和食の素晴らしさを見つめ直し、和食を食べることで昔の日本人のようにスリムで健康的な体を取り戻そうというのが、和食ダイエットなのです。

今や日本でも欧米化が進み、日本人が長年慣れ親しんできた和食からも離れてきています。

一昔前まではまず見られなかった肥満体型の日本人が増えてき始めたのも、この日本人の和食離れが原因と言われています。

改めて日本人も和食ダイエットをする事により、バランスの取れた食事を取り戻し肥満も解消出来るという事に繋がると思います。

和食ダイエットの方法は?


和食ダイエットの方法は、我々日本人にとっては実に簡単で、3食を一汁三菜の和食の基本型にすれば良いだけなのです。

これが優れたバランスのとれた食事となっており、一汁三菜は暴飲暴食を防ぎ、大変健康的な食事法なのです。

欧米化の食生活が取り入れられつつある日本人にとっては、初心に返るという事になります。

「朝食は食べない、もしくは食べられない」という方も中には居るかと思いますが、和食ダイエットはきちんと規則正しく1日3食を食べる事が基本中の基本です。

和食ダイエットの効果を上げるポイントは?


和食で痩せるのに少し意識してほしいポイントがあります。

それは、食べる順番です。

ご飯、おかず、汁物が並んでいると食べると良い順番としては、お味噌汁⇒おひたし⇒豆腐⇒魚⇒お米の順番で食べる事をお勧めします。

この順番は、血糖値が急激に上がるのを防ぐ効果があります。

尚且つこの順番で摂取する事で満腹感が得やすくなって、食べ過ぎを防止出来るということが言えます。

また、白米を玄米に変えるのもお勧めです。

繰り返しになりますが、和食ダイエットは1日3食をきちんと食べる事が基本になり、一汁三菜を食べる事によりバランスの取れた食生活を送る事が出来るのです。

そして、上記の「一汁三菜」に「まごわやさしい」を意識することでより栄養バランスの良い食事になると言われています。

「まごわやさしい」とは、医学博士の吉村裕之先生が提唱している、栄養バランスの良い食事の覚え方です。

ま ⇒ 豆・・・豆類。植物性たんぱく質やミネラルが豊富。

ご ⇒ ごま・・・胡麻。たんぱく質、脂質、ミネラルが豊富。

わ ⇒ わかめ・・・海藻類。ミネラルが豊富。

や ⇒ 野菜・・・野菜。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富。

さ ⇒ 魚・・・魚介類。動物性たんぱく質、ビタミンが豊富。

し ⇒ しいたけ・・・きのこ類。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富。

い ⇒ いも・・・いも類。ビタミン、ミネラルが豊富。

和食ダイエットを行う時、この一汁三菜とまごわやさしいを念頭に食事を組み立てて行くことは重要なポイントかも知れません。

和食のダイエット効果


和食は、栄養バランスの良いダイエット効果のある食事であることは間違い無いようです。

また、以下のようなダイエット効果もあるようです。

①低カロリー

和食の効果として、まず挙げられるのが低カロリーということでは無いでしょうか。

主食であるご飯には油は使っていませんし、魚などは洋食に比べて脂肪分が少ないので、圧倒的に洋食を食べるより和食を食べた方が太りにくいと言えると思われます。

②満腹感、満足感を得やすい

一汁三菜を基本としていることから、汁物を摂ることで満腹感や満足感を得る効果が期待できます。

汁物を摂ることである程度の水分を胃内に入れることができるので、その分満腹感を得ることができるようです。

汁物は食事全体の満足感を得ることに繋がるようです。

試してみると実感すると思いますが、汁物のある食事と汁物のない食事では、明らかに汁物のある食事の方が満足感を得ることができるのです。

③疲労回復

大豆製品を多くつかっているのも和食の大きな特徴です。

大豆には大豆ペプチドという成分が含まれていて、疲労回復の効果があるようです。

大豆ペプチドは、大豆たんぱく質をあらかじめ酵素の力で分解し、ペプチドにしている成分です。大豆たんぱく質の優れた栄養効果がそのまま胃腸にやさしく吸収されるようです。

また、特定の酵素を使用し、特定のアミノ酸がつながったペプチドの形を作ることで、通常の大豆たんぱく質にはない健康効果を発揮するペプチドを作ることもできます。

アミノ酸をいくつかつながった形でスムーズに体内に吸収できる大豆ペプチドは、スポーツなどで傷ついた筋肉を素早くリカバリーしてくれることから、多くのスポーツ選手からも支持されています。

和食の味噌汁や味付けに欠かせない醤油も大豆製品からできていますし、油揚げや豆腐、納豆など和食にはふんだんに大豆製品が含まれています。

④コレステロールを下げる

更に、大豆の中に含まれる大豆レシチンと言う成分は、コレステロールを下げる働きもあるとして医療への応用などにも期待されています。

大豆レシチンとは、大豆に含まれる物質の中でも不飽和脂肪酸のことです。

大豆レシチンは、細胞膜を作るのに重要な成分です。

お肌や内臓、脳や神経など、体のあらゆる細胞膜に働きかけ、細胞を正常に保とうとするため、「若返りの栄養素」とも呼ばれています。

レシチンは、リン脂質と呼ばれる脂質の一種で、水になじむ特性と油になじむ特性の両方を持ち合わせています。

この特性から、天然の乳化作用の役割を担っており、血管の内側にこびりついたコレステロールを溶けやすくしたり、細胞内の不要な老廃物を血液中に溶かしたりすることで、血管内を綺麗にするとともに、血行を良くする働きがあります。

また、この不飽和脂肪酸は、和食で良く食べる魚の中にも多く含まれている成分です。

以上のことなどから、和食はダイエット効果だけではなく、健康にも良い食事として注目を集めているのです。

和食ダイエットにあたっての注意点と対策


しかし、和食にもいくつか注意して頂かないと逆効果になってしまう点などがあります。

注意点① 塩分が多い

和食の味付けには塩分を多く使います。そのため、塩分過多になってしまいます。

厚生労働省が推奨している1日の塩分量は、男性で8g、女性で7gとしています。2015年より改定され以前よりも低めに設定されましたが、世界保健機関で推奨している塩分量は5gであり、日本人の食事が世界的に見ても塩分が多めであることがわかります。

ダイエットの観点からすると、塩分の摂り過ぎはむくみの原因となり代謝が悪くなるので、決して良いものではないと言うことが言えます。

注意点② 糖分が多い

和食の味付けに多いのが砂糖です。煮物や肉じゃが、調味料にも砂糖は使われています。

砂糖は太りやすい原因になるものであり、無意識で糖質を多くとってしまう原因になります。

ダイエットが目的で和食にするなら、ひと工夫加えて、より痩せやすい食事にすることをお勧めします。

対策①

炭水化物の摂り過ぎは、太る原因になります。また炭水化物の糖質と脂質を合わせて摂りすぎると、脂肪に変わりやすくなります。

脂肪に変わりやすい夜は炭水化物を減らして野菜を多くするなどして、炭水化物の量を調整しましょう。

また、前にも記したように食べる順番を意識して食事をすることをお勧めします。

対策②

一汁三菜を意識して、それぞれの料理に同じ調味料を使うと塩分過多になってしまいます。

調味料は重ならないように気をつけた方が良いようです。

また、塩分を控えめにしたら味が物足りない。という方には、牛乳で味付ける方法があります。

これは「乳和食」という方法で、出汁や調味料の代わりに牛乳を使うことで塩分を控えながらしっかり味付けができるという方法です。

牛乳の持っている旨味が物足りなさを感じさせないそうです。

色々なレシピが出ていますので、試してみてください。

和食ダイエットで無理なく痩せる!【海外でも人気の秘密】のまとめ

いかがでしょう?

和食は栄養バランスを考えられた健康食であることは間違いなさそうです。

しかし、糖質や塩分については多少工夫したほうが良いこともあるようです。

これまでの食生活が不摂生だった方や欧米型の食生活中心だった方は、和食中心の食生活に変えるだけで体重に変化があらわれてくると思います。

毎日の食事を和食に変えるだけの簡単ダイエットなので、すぐに大幅に減量できるものではないかも知れませんが、少しずつ健康的な体を取り戻すことができるので、根気よく続けてみましょう。

和食中心の食生活にしても体重に変化が見られない場合は、炭水化物を減らしてみる、塩分を摂り過ぎてないかなど見直してみるのも重要かも知れません。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top