ゆっくり食べる

ゆっくり食べるダイエットの健康効果は?コツや口コミはある?

ゆっくり食べるダイエットの健康効果は?コツや口コミはある?



ゆっくり食べると小顔などダイエット効果!どのくらい噛む?

ゆっくり食べることはダイエットにおいても健康においてもプラス効果があると口コミなどで言われていますが、本当にそれだけでダイエット効果が出てくれるのでしょうか。

なかなか出ないという方々向けのコツが存在しているのかも気になります。

ネットの中にはゆっくりと食べるという行為そのものが間違っているので意識しすぎるのも問題であるという意見も出ているのです。

そこで、今回はゆっくり食べるダイエットについて詳しく検証し、口コミも詳しく調べていきたいと思います。


Sponsored Link


ゆっくり食べる健康効果は?消化に良い?


ゆっくり食べるダイエットは健康効果があります。

というのも、ゆっくり食べることで唾液が大量に分泌されるようになりますので、パロチンのような若返りホルモンの分泌が多くなりそれだけ肌や髪の毛の質を向上する作用があるのです。

いわゆる代謝を高めることで循環効率を上昇させて若々しい見た目をキープできるという効果が出てきます。

そして歯や骨を丈夫にする作用もあるといわれているので、病院いらずの身体になれるのでしょう。

カルシウムが歯に定着しやすくなりますし唾液には食べ物で酸性に偏った口の中を中性にする作用もあるので虫歯予防に繋がるのです。

また、アゴを使ってかみ続ければそれだけ歯肉をマッサージすることに繋がるので歯周病予防に繋がると言われております。

それ以外にも脳の血液量を増加させる作用がありますので、脳細胞を活性化させて頭がよく回るようになります。

さらに脳の血行がよくなることで血栓ができる確率を低下させるので、脳梗塞や脳出血のリスクを減らしてくれるのです。

他にはゆっくり噛めばそれだけ血糖値の急上昇が無くなりますので、血糖値の低下も緩やかになりやすいのです。

早食いによって血糖値の上昇を高めるとそれだけ血糖値が急降下するようになり睡魔もきつくなり集中力が落ちます。

つまり、このような状態を回避できると言うことです。

ゆっくり食べることのダイエット効果は?


ゆっくり食べることのダイエット効果は満腹中枢を刺激する時間が長くなるので、食事の量を確実に減らすことが出来るということです。

咀嚼動作が多ければ多いほど脂肪合成を抑制するようになるという情報もありますので、非常に効果があると考えられます。

また、様々な大学の検証で早食いの人とゆっくり食べる人の肥満率の割合等を結果で提示しており、岡山大学の結果では「早食いの人は早食いではない人に比べて4.4倍ほど肥満になりやすい」というデータが出ているのです。

それ以外に、東京工業大学のデータによるとゆっくり食べた方が食事誘発性体熱産生の効率がよく1年間で約11000kcalの差がでるという恐ろしい結果を提示しています。

食後の消費エネルギーもゆっくり食べた方が高くなりやすいという結果もあるようです。

あとは、唾液による消化酵素によって食べ物の吸収率が上がって栄養不足になりにくくなるというメリットもあります。

小顔効果も?


口の周りには表情筋がたくさんありますので、噛む回数が増えれば増えるほどフェイスラインもしっかりと引き締められるようになるので、小顔効果が出やすくなるのです。

もっと効果が出やすいのがガムをかみ続けることになります。

小顔効果も一応は備わっていますが、本格的に効果が強く出すためにはガムを噛むとか顔のストレッチをするとより効果が出やすくなるでしょう。

あくまでも副次的な効果と考えてください。


Sponsored Link


口コミはある?


ゆっくり食べるダイエットのまとまった口コミはありませんが、SNSやブログなどを探っていると「ゆっくり食べると痩せやすく感じる」とか「頑張ってゆっくり噛むようにしてきた結果からだが引き締まってきた」といった書き込みは非常に多くあります。

「口コミとしては参考にしにくいものが多い気がする」と感じる人も多いでしょうが、このダイエットは運動によるカロリー消費や筋トレとは違って即時的な効果は出にくくどうしても「出ている気がする」といった返答になってしまうのです。

もちろん、ずっと続けることが出来れば3ヶ月程度でそれなりの結果が出ることが多く違いが見えてくるでしょう。

初めてまだ1ヶ月程度の方々の書き込みではそこまで効果が実感できていないことが多いので、あまり参考に出来ないのです。

これはそういうものだと受け入れるしかないでしょう。

ゆっくり食べるコツは?


最も大切なことは噛む回数を30回としっかり定めて、一口ごとに数えることです。

この噛むという行為は当たり前のように繰り返されてきたので、人によってリズムができあがっております。

それこそ人間が呼吸をするのが当たり前と同じような感覚です。

なんとなく頭の中で「ゆっくり食べて痩せないと」と意識していてもちょっとした無意識の時間に飲み込んでしまいます。

つまり、常に意識し続けることが重要なのです。

その方法として最適なのが回数を定めて常に数え続けるといった方法になります。

面倒に感じるかもしれませんが、これが意識させるための最大のコツとなっていますので、必ず実行するようにしてください。

他には、効果が出やすくするためのコツがあるのでそちらも覚えておきましょう。

具体的には食事の量そのものをまずは少なくして、外食をするときはカロリーをカットすることを意識し、デザートも自重することです。

そして飲み物は水やお茶やミネラルウォーターか炭酸水を用意して、食べる順番を「汁物→野菜→肉や魚→パン」やお米とすることが大切となります。

あとは左右両方で噛むようにして噛む回数の目安30回を忘れないこととなります。

これらをしっかりと覚えると効率が上がるのです。

どのくらい噛んで食べるのが良い?


一つの目安として1口30回という数字を記載しましたが、噛めば噛むほど効果があるのでもっと噛むという選択肢はあるでしょう。

しかし、いくつかの記事や資料を見たところ、時間をかけすぎるのもそれはそれでマイナス要素が発揮されるというものもありましたので、1口30回前後に抑える方が無難だと考えております。

ゆっくりすぎる食事のデメリットを記載すると、「確かに噛めば噛むほど満腹感が出やすくなるのは事実だけど遅すぎると胃に出来た空きスペースに食べ物を入れる状態になってしまい、普段よりも食べ過ぎる可能性が出てしまう」というものです。

要するに、海外でよくある、食べ終わるまで2時間とか3時間もかかる非常にゆっくりのコース料理はそれだけたくさん食べられるようになるからダイエット中はNGという考え方です。

大切なのは胃に空きスペースを作らないことで満腹感を得ることか、アゴをしっかりと使って満腹感を得ることなので、ダラダラとした食事は太りやすくなってしまうのです。

遅すぎる食事は周りの人たちへの迷惑にもなりますので、1口30回を守った方がいいでしょう。

ゆっくり食べるダイエット・健康効果は?コツや口コミはある?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はゆっくり食べるダイエットについて記載しました。

ゆっくり噛んで食べるという行為は確実に痩せると言えますが、ゆっくりすぎる食事にはデメリットも必ずありますので、ある程度噛む回数を決めてゆっくり食べるようにしましょう。

具体的には20分だった食事が30分程度になるように調整するのが正解です。

それ以上は間延びしてしまいますし、周りの人たちにいやがられる可能性があります。


Sponsored Link


URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top